【PICK UP!モデルオーダー事例】 ~ 天然石でペアリングを ~

2種類の天然石でペアリング制作

LiVESでは、ルース持ち込みでのモデルオーダーも承っています。

今回は、2つの種類の違う天然石をお持ち込みいただき、ペアでリングをお作りした事例をご紹介。

石付きのペアリングというとダイヤモンドでのお揃いを思い浮かべますが、カラーストーンで、しかもそれぞれ違う石だなんて素敵ですね。

1つはオレンジ色の、おそらくヘソナイトガーネット。もうひとつは綺麗な色のアメシストです。

お客様がお選びになったモデルは【Ponte/ポンテ】。石を強調しつつもリング自体に凛とした存在感を付けたデザインです。

K18YGをお揃いで用い、

オレンジ石の方にはさらにアームをカスタマイズして、厚みを出して表面にラフカットを施しました。

アメシストの方は何よりも光沢感を大切に、繊細に。アームには少しの幅を付けています。

号数が近いので、大切な人とペアで使うとしても、たまには「貸して」なんて言って独り占めして重ね付けすることもできちゃいそうです。

ところでこのペアリング。
石の色も種類も違うのに、ちゃんとお揃い感があるのは何故だかおわかりでしょうか。

もちろんデザインが同じモデルだからでもありますが、実はポイントは「オレンジ色」と「紫色」の補色関係にあります。

補色とは、色相環の正反対同士にある色のこと。お互いに引き立てて目立たせる効果があり、紫と、黄・橙は、ちょうど正反対同士の色にあたります。

このペアリングの2つの石は一緒にあることでお互いを最も美しく見せ合っているのですね。

お客様が補色関係をご存知でオレンジ石とアメシストをお選びだったかどうかはわかりませんが、なんだかとっても運命的な組み合わせだなと思うのは私だけでしょうか。

2つのリングがいつまでも側にあって、ともに輝き続けてくれますように。




ルース持ち込みで、貴方の思い描いたペアリングをモデルオーダーしませんか。
LiVESまでお気軽にご相談ください!

関連記事